老人ホーム・介護施設の種類

有料老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅など、一口に老人ホーム・介護施設といっても様々な種類がございます。
また、施設ごとに受けられるサービスが異なるのは勿論、対象としている人も違います。

ここでは、複雑多岐にわたる老人ホーム・介護施設について、種類や対象者、そして受けることができるサービスについて整理をし、わかりやすくご紹介したいと思います。おじいちゃん、おばあちゃんの容体や希望などと照らし合わせて、最適な老人ホーム・介護施設を探してみてください。
また、ご不明点や疑問などがあれば、ちょっとした相談であってもお気軽に「福島県老人ホーム・介護施設紹介センター シルバーけあ」までお問い合わせください。

介護付き有料老人ホーム

介護付き有料老人ホームは、民間の企業が運営する老人ホームで、中でも原則として65才以上の人で、介護サービスを希望する方のための施設です。

介護保険施設と同様、介護サービスを行う専門のスタッフが常駐していることが特徴で、入浴、食事、排せつ、見守りなどの日常生活の補助を基本のサービスとしています。
また施設ごとに、リハビリに力を入れていたり、胃ろうや糖尿病などの医療サービスに力を入れていたり、認知症の方の受け入れに力を入れているなど、特徴が異なります。

介護付き有料老人ホームを探す

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護が必要なく自立して生活ができるけど、一人や高齢夫婦で生活するのは、いつ何が起こるのかわからないから少し不安という方のための住宅型の老人ホームになります。

見守りや、食事、入浴、お掃除などの日常生活サービスはついておりますが、介護サービスは原則ついておりません
介護が必要になった場合は、外部の介護サービス事業所とご契約の上で、訪問介護サービスを受けることは可能です。

住宅型有料老人ホームを探す

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、60歳以上の高齢者が暮らしやすいように、髙い基準のバリアフリー構造をクリアした賃貸住宅です。
あくまで賃貸住宅ですので、高額な入居一時金がかからないことが、ポイントになります。(敷金はかかります)

その他、基本的なサービスとして、専門家による安否確認と生活相談サービスが提供されるので、お一人でも、高齢者夫婦でも安心して生活を送ることができます。

サービス付き高齢者向け住宅を探す

グループホーム

グループホームは、認知症患者を対象とした施設です。
65歳以上の高齢者で認知症の診断を受けた方で、施設のある市町村に住民票があることが入居の条件となります。

施設での生活は、5人~9人を一つのユニットとして、専門のスタッフの下で、交代で食事当番をするなど、共同生活をおくるので、自宅に近い環境で生活を続けることができるのが大きなメリットです。医療ケアは基本的に対応できない施設が多いです。

グループホームを探す

相談する
お問い合わせ